ゴルフ侍

アクセスカウンタ

zoom RSS やってよかったスイング改造

<<   作成日時 : 2017/04/18 14:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は天気が心配されたが、絶好のゴルフ日和。
武蔵の杜でプレー。この日はベントがエアレーションでコウライ。
コウライはやはり難しい。わかっていてもショートする。

アウトスタート、ドライバーでFWキープ、ボギーとまずまず。
次はパー、ボギー、トリプル、パー、ボギー、パー、ボギーと
8番まで7オーバーと順調。
しかし、最終のロング。ティーショットが右ラフで前上がりの
ところにいく。
そこから、スプーンで2発続けてスライスでオービー。
考えてみればつま先上がりなのだが、ボールは平のところに
あり、普通つま先上がりはフックこそ出ても、スライスは
出ないのだが、出た。
もっとも、これは今日になって振り返ってわかったこと。

同じシチュエーションで暫定級までもオービーになることは
これまでもしばしば経験済み。
一緒に回った先輩から「同じクラブで打ったの?」
と聞かれ、「そうです。2回続けて同じ傾向の球がでることは
よくあるんですよね」と答えていた。
これでは、だめですね。わかっていなのだなぁ。
先輩が示唆したのは、2度目は違うクラブを使うとか工夫したほうが
よかったのではといってくれているのだ。
結局11で終わり、49としてしまった。
最近、10とか二けたが時々でるので注意しなくては。

後半の反省点は16番172ヤードパー3。
このとき猛烈なアゲインストの風が吹き荒れた。
6番のアイアンで孔明ショットを考えていたのたが、
とても届かないと思ってスプーンで風に抵抗し
あわよくばグリーンに乗せようと打ったボールは
高く吹き上がり左のがけ下へ。
馬鹿だなぁ。最初からボギー狙いでショートでいいから
6番アイアンを持つべきだった。

ふたつの大きなミス。学習しないもんだ。

まぁ、なんとか97で回れたし、なにより嬉しかったのは
ドライバーが当たり、FWキープも50%だったこと。
インパクト前に腰を切るスイング改造が実を結びつつあると
実感できた。
まだドローは出ず、ストレートだが、飛距離も出ているようだ。
先輩から、「これで右手の返しが使えるようになったら、
いいドローが出るし、まだ飛距離も伸びるよ」と励まされた。

早速、明日練習で取り組み、20日からの勝浦ツァーに
向けて準備しようっと。

コースでは慎重な判断力が必要と再認識した。
判断力とか注意力は車の運転など、日常生活の
これからにも大切なことだ。用心用心。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やってよかったスイング改造 ゴルフ侍/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる